ひとうのビーダマン研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 失望した

<<   作成日時 : 2016/04/21 21:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 18

タカラトミーが公式ツイッターで思いっきり
「ワイのワイルドワイバーンや」って書いとる…
ショックだわ。
みんなが使ってるから良い、
響きが面白いから良い、
嫌がっている人は少数だから
無視して良い。そういうわけか。
いじめと一緒だな。

考えれば、今玩具の開発に入っている人らは
そのセリフが好きそうなぐらいの年齢か。
誰も止めなかったのか。

このブログもいつ無くなるかわからないので
その時は「我慢できなかったのか。」と思って下さい。
どうせ都合の良いフリー素材ブログとしか
見られてないんでしょう。
通販サイトもウチの画像使ってるし。


※ちょっと書き換えました。
ブログは消しません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ごめんなさい僕はスーパービーダマン世代じゃないのでよく知らないのですが、なにが悪夢だったのですか?良かったら聞かせてもらえませんか?
それと僕はひとうさんのブログ大好きですよ!まったく無断転載するような連中の気がしれませんわ
JD
2016/04/21 22:45
表現が荒くなるかもしれません。申し訳ありませんがご了承ください。

スーパービーダマンに「ワイルドワイバーン」という機体があるのはご存知でしょうか。
ネット上でビーダマンをよく知らない連中が、作中に「ワイのワイルドワイバーンや」というセリフがあって笑える、みたいな話をしたがるのです。
でもそれは全くのデタラメです。
それなのに「ワイのワイルドワイバーン」を面白がる連中が増え、
バカの一つ覚えみたいに連呼され広まってしまい、
それを認めない方こそ間違っているという風潮になってしまったのです。
だから私はそのセリフが嫌いなのです。

しかし、この月末にベイブレードバーストで「ワイルドワイバーン.V.O」というアイテムが発売されるのですが、
タカラトミーの公式ツイッターがデカデカと「ワイのワイルドワイバーンやッッ!!!」という文字を入れたネタを出したのです。
「ワイのワイルドワイバーン」が公式で認められてしまったのです。
使い手のキャラも関西弁になっているなど、明らかに狙っていました。

タカラトミーがそのセリフの件をどこまで知っているのかはわかりませんが、面白がって間違った連中と同じことをしているのかと思いました。
20年以上の信頼が一瞬で崩落させられました。
だから私にとって「悪夢」と言いました。


無断転載に関しては、個人はおろか通販サイトにまで使われているので呆気にとられています。
通販サイトは当時の公式サイトの画像まで使っているので、転載するのは当たり前だと思っているみたいですね。
このままフリー画像素材ブログみたいな扱いを受けるのなら、無くなったほうがいいと思っていました。
まあ面倒で訴えたこともないのですが。
どうするかは、この週末にでも考えます。
ひとう
URL
2016/04/22 20:24
そうだったのですか。
本当に嫌ですよね自分の好きな作品がにわか共のせいで変な設定とかセリフとかを逆輸入されるのって!
僕もそれで散々嫌な目にあってきました。
TOMYさんもタカラさんも大好きだったのですが、最近のタカラトミーはおかしいですよね。売れてるのもほとんど合併する前に作ったおもちゃばっかりだし。
ほんとにわか撃退システムとか無いかな…
JD
2016/04/23 07:06
以前邪邪丸と名乗って書き込んだ者です。
ベイブレードは漫画読んだ時は、ついにやりやがったか、と思ってました。作者は面白いと思ってるなら、他の作品への敬意が欠けてるし、公式がベイの名前の段階で考えてたならファンとホビーへの思い遣りが足りないと感じます。
前回の記事でコメントしようとも思ったのですが、この事件が以前私がしてしまったことと、面白いと思って不用意な発言(表現)をするという点で似ているので、どの面下げてコメントするかと思い遅くなってしまいました。申し訳ありません。
私もひとうさんのブログ、漫画、ビーダマン研究が大好きです。書籍やコロコロ記事もちゃんととっておいて記事にするのは、ビーダマンにかける愛情の強さを感じます。微力ながら応援しております。
長くなってしまい申し訳ありません。
ジャム丸
2016/04/23 15:29
>JD様

なぜか、意味の分からない連中が広めた意味のわからない設定が公式扱いされて、逆輸入されてしまうことってありますよね。
ウケれば何でも良いのでしょう。その裏が見えていなくても。
ネット越しで本心を見抜くのは難しいとはいえ、作り手に愛があればわかると思うのですが…
ひとう
URL
2016/04/23 20:54
>ジャム丸様

やっぱり漫画でもやらかしたのですか。ある意味必然ではありますね。
玩具を考えている側も完全に狙っていると思います。
以前は「ワイバーン・アームド・マッシブ」だったのに、アニメで出す分から命名基準を変えて「ワイルドワイバーン.V.O」にしているくらいですから。
きっと「ビーダマンからベイブレードに受け継がれた(キリッ」とか思ってるんでしょう。
間違っているのに。

あなたのコメントのおかげでとても助かりました。
前のことはもう気にしないでください。
仲間がいることを知って安心しました。
これからも真実を伝えていきたいと思います。
ひとう
URL
2016/04/23 20:56
以前からブログ見させていただいてます。
今回の件の憤りよくわかります。
まさかベイブレードで乗ってくるとは思いませんでしたが、
いくら世間でネタにされていても、公式には最後の歯止めになっていてほしいものです。
もずく
2016/04/24 06:02
盛り上がりの意味を理解していないのでしょう。
同じタカラとコロコロの男児向けホビーとして成長してきたと思ったのに、こんなことをするなんて、最初のベイブレードを考えた人にも失礼なんじゃないかと思います。
何年か先に、別の玩具でやらかさないか心配です。
ひとう
URL
2016/04/24 20:24
こういうの本当に面白くないですよね、他作品をけなして話題作り(しかも面白くない)するタカラトミーさんには腹がたちました。
この記事を読んで、少しスッキリしました。

写真の流用、何とか解決すると良いのですが…。
無断転載なんて常識が無さ過ぎます。

最近、ビーダマンの漫画を知り読んでみて辿りついたのがこのサイトでした。
今、現物を入手するのは難しいので…
とりあえず記事で当時の現物を見てみたい!とあれこれ見てたら知らないビーダマンやギミックが一杯で!
面白さが伝わってきてますます遊んでみたいと思いました!
特に漫画で格好良かったワイバーン系は見ていてワクワクします。
いつか、中古で買ってガンマの様に連射したいです!

このサイトが商業や他のサイトに利用されず、皆んなで楽しめるサイトであるようにと願います。
通りすがり
2016/04/27 07:21
失礼します。このブログはスーパービーダマンのOS世代の私にはとても懐かしくそしてその後のシリーズの勉強にもなるとても素晴らしいブログだと思います。このブログの影響でまたビーダマンを始めました。今ではプレミアがついててに入らないビーダマンの画像と文書を読みどんなビーダマンなんだろうと考える楽しみがあるのでこのブログは出来れば無くして欲しくないです。
ゆう
2016/04/27 08:04
>通りすがり様

関係者の中に誰も止めようとする人がいなかったのかと思います。
コロコロも何を考えているのでしょう。
私もぶちまけて少しスッキリしました。

転載に関しては、ネットにあるものはフリー素材みたいな考えをする人が多いですからね…
自分で用意できてこそだと思うのですが…

ビーダマンは中古玩具を扱う店でちょくちょく見かけたのですが、電子書籍版が出た時に一気に売れてしまったみたいです。
また、本体よりもパーツの方が珍しいので、探すのは大変かと思います…
でも連射したり、パワーを込めて撃ったりするのは爽快なので、ぜひゲットして頂きたいです。
ひとう
URL
2016/04/27 21:23
>ゆう様

例の件で私も頭に血が上ったというか、あきれて気力を失ったので全部消してしまおうかと思いました。
でも、そうやって思い付きで築いてきたものを崩すのは良くないので、やっぱり残しておきます。
真実を伝える場も必要ですし。
迷惑をかけて申し訳ありませんでした。
ひとう
URL
2016/04/27 21:24
突然お邪魔します。
自分はビーダマンリアルタイム世代でワイバーンやフェニックス、スフィンクスの変遷をずっと見てきて、フェニックス、バトルフェニックス、コンバットフェニックスと愛用していました。
二つが合体するビーダマン(名前は失念してしまいました。)や2発同時に打てるビーダマンも持っていました。
コンバットフェニックスは玉が強すぎてビー玉割れたことがあったように記憶しています。
本題ですが、たまたまひとうさんのこちらのブログで「ワイバーン」の件を見るまで僕も本当にあったセリフだと思っていました。記憶のすり替えがいつの間にか起こっていたみたいです。正直ちょっと戸惑いました。「えーっ!まじでっ!?」てな感じで(笑)
それと同時におっさんにになってしまったんやなぁっと思いました。
子供の頃の懐かしい思い出がつい最近の事だったように思い出されて嬉しかったので書き込みさせていただきました。
真剣にビーダマンを愛されてる姿はすごく好感を持ちました。
ありがとうございます。
シゲシゲ88
2016/07/26 07:06
ワイバーンのセリフは、元々はコロコロ巻末の読者コーナーから出たものなので「初出はコロコロ」ということにはなります。
なので、原作にあったように錯覚してしまうかもしれません。
電子書籍版が発売されたので「原作には無い」ということを証明できるようにはなったのですが…元々あったけど単行本収録時に変更された、という謎の擁護もあるくらいでして。
初出がコロコロだったとしても、ネット上での扱いを見ていて気分の良いものでは無いです。

ところで、二つが合体するのはビリーのグリフォン、2発同時は伊集院やサラーが使ったケルベロスでしょうか。
津印のジェミニのように、両方の機能を備えたものもありました。
コンバットフェニックスの強さは当時だからこそできたのだと思います。
玩具の安全基準が厳しくなった今では無理かと…

このブログを見て楽しんでいただけたなら幸いです。
怒って閉鎖しなくて良かったです。
こちらこそ、ありがとうございます。
ひとう
URL
2016/07/26 21:08
漫画のスパビーの原作者もワイワイいってたけどもダメなのか……
twitter.com/imaga3/status/477097174077952002/photo/1
通りすがり
2016/10/08 03:00
そんなことをいちいち書き込みに来る人がいるとは思いませんでした。
原作者やメーカーがネタにしてしまってるから、もう救われないんですよ。
だから仮面ライダー剣のオンドゥル語みたいなものだと言ったんですが。
ひとう
URL
2016/10/08 19:45
原作ではオービルにスプレッドワイバーンを踏み潰されて、ガンマがよくもワイのワイバーンをって言ってた位ですね、原作には無いセリフが1人歩きしているせいでワイルドワイバーンがネタ扱いされるし、そもそも原作者の耳に入るほどこのつまらないネタが有名になったのが良くないと思います。スパビーが復刻する訳でも無いのにタカラが公式で、しかもベイブレードでネタにするのは不愉快ですよね、(ベイブレードバーストは初代ベイブレードの復刻モデルを出すとかしてるので余計に)個人的にはスパビーのプレミアが付いてしまったモデルを復刻して欲しい位です。(クールヘリオスとかバンガードフェニックスとか)今賀先生もタカラと関係が切れているかは分かりませんが、原作者がはっちゃけてネタにするのはまだしもメーカーの公式がネタとして使うのは不愉快と位に苦言を呈せばよいのにと思いました。
早乙女
2016/11/03 06:49
あんなセリフがなぜこんなに広まったのか、本当に不思議です。
メーカーも何を思って使ったんでしょうか。ネット上での扱いを見ていれば、良いことか悪いことか分かると思うんですけどね…。
スーパービーダマンの電子書籍版が発売されて喜んでいたのに。その時に玩具も復刻してくれればよかったのに…。
ある意味、諦めがついたような気がします。全然スッキリはしないですが。
ひとう
URL
2016/11/03 20:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
失望した ひとうのビーダマン研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる