ひとうのビーダマン研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 玩具紹介 スーパービーダマン・OSパーツ レーザーサイト

<<   作成日時 : 2016/05/14 20:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

何年も前から
「ワイ」という単語を見たり聞いたりするだけで
恐怖におののく日々を送っている。

画像
折角きれいにしたから出します。
ただ、少し加工してあります。
特に、レンズカバーの形状が微妙に異なっています。

レーザーサイトはOSシリーズ初期ラインナップの
アイテムで、先端から赤い光線を照射し
ターゲットに照準を合わせることができます。


画像
わかりづらいですが、
スイッチはココ。
前方にスライドさせるとオンになります。

画像
説明書の指示に合わせ、
およそ60センチ先を照射。
撮ったカメラの性能もありますが、
実際はもう少し鮮明です。

画像
壁を直接撮りました。
右側はスーパーゴールデンボンのターゲットを狙ってみました。


画像
バッテリーケースの内部。
ボタン電池(LR44)を2コ使用。
最初からテスト用電池が入っていました。



画像
同時発売のOSパーツとも併用可能。
マガジンサイト2は上部のサイトパーツにセット。

画像
位置がかなり高くなりますが、
狙いをつけながら連射が可能。


画像
ロングバレル2も上部のレールにセット。

画像
ちなみに、本来のレーザーサイトは
レンズカバーの上下に突起があるのですが、
ロングバレル2先端の突起(サイト?)とぶつかって
ずれてしまうことがあったので
当時使っていた時に切り落としてしまいました。


画像
マガジンサイト2以外のマガジンやサーバーは
レーザーサイトをセットできないので、
併用したい場合はロングバレル2が必須です。

スナイパースペシャルのワンハンドサーバーなら
OSギアにセットできますが、
投入口が狭くなってしまいます。


画像
なお、システムバレルにセットすると
先端のヒンジに引っかかって
上を向いてしまいます…
更にロングバレル2を接続して、そちらに付ける?



画像
OSパーツ対応アダプターを使えば
PIビーダマンにも装着できます。
ああ、レンズカバーの向きが安定してない…

画像
マガジンサイト2と併用。

画像
こちらはロングバレル2を使用。


画像
OSパーツ対応アダプターのマガジンの方は
パワートリガー2とは併用できないのです…
(バーストトリガーなども無理です。)

画像
なので、レーザーサイトと
PIバレルを併用したいときは、
ツインアルミトリガー等
他のトリガーを使いましょう。

画像
ロングバレル2となら、パワートリガー2も使えますが…


画像
EXビーダマンはアダプターには対応していませんが、
フレームの溝に無理矢理つけることはできます。
コロコロの改造例でも似たようなものがありました。
しかし、半分くらいしか入っていないので
安定しません。


画像
また、どうでもいい話ですが、
PIのダブルマガジンアダプターに付属のサイトを
OSギアやOSパーツ対応アダプターに
付けることはできませんでした。
接続部内側の微妙な突起に引っかかります。


あと、ハンティングリンクス
OSパーツ対応アダプターを付けられないんですね。
顔をうずめるネタを撮りたかった…




画像
レーザーサイトならワシも持っておるぞ!

画像
思ったより似てない。

画像
ボタンを押すと光るよ。





レーザーサイトの紹介でした。
光線で狙いを定めるのは画期的でした。
コロコロで試作版が出たときは
他のパーツと同じくグレーでした。

PIではバレルと一体化した「レーザーサイト2」も出ましたが
それ以降は音沙汰なしです。
高額なうえ、評判も良いとは言えませんでしたが…





よく見る話
「レーザーサイトは光が弱くて使えない。」


説明書:
●明るい場所(窓ぎわや外)
では光が見えなくなると
きがあります。

説明書:
(ターゲットまでの距離は
60センチが最適だぞ!)





説明書「_(:3」∠)_ とてもつらい。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいですね
当時買いたくても値段が高くて買うのをためらった記憶があります。PI用と違ってスナイパーっぽいところがいいですよね
ゆう
2016/05/15 07:38
ビーダマン本体よりも高額なので、手を出しにくい印象がありました。
デザインはバレルパーツと合わせて、銃のようなかっこよさがあります。
ひとう
URL
2016/05/15 20:00
高嶺の花でしたね〰。もっとも、田舎なので店頭になかった気がしますが..
はざい
2016/11/07 21:00
税抜きでも千円近くしましたから…。
当時トイザらスでパーツばかり買い集めました。
そこにすら無かったファイティングフェニックス…。
ひとう
URL
2016/11/08 19:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
玩具紹介 スーパービーダマン・OSパーツ レーザーサイト ひとうのビーダマン研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる